前へ
次へ

転職での対価が営業求人選びのポイント

営業求人では、商品やサービスを売ることを主な業務としていることからも、ヒット商品によって受け取れる金額(賞与)というのも転職する上で重要視することもあるでしょう。
会社としては、研究施設を用いて開発(発明)するわけで、商品化したとき、その商品に欠陥があれば責任を負うのも会社です。
営業求人では、経験者を求む声があります。
商品の良さを知り、消費者や企業に売り込める、ノルマをこなせるのも営業の経験あってのものですから転職希望は経験者が理想です。
その商品の売り上げに他の誰でもなく自分が貢献したのなら、就業規則所定の金額を超えて相当の対価を求めることができるのか、自主性に委ねられることが規定されています。
会社選びは、やる気ややりがいが必要です。
未だに営業マンは足を使っていますし、営業トークに磨きをかけていたり、接待も行います。
そうした内情を知る経験者がやはり必要になるようです。
売り上げて会社が受ける利益、開発コスト、社員の貢献度だけでなく、その他の事情も考慮されますから、面接時に質問してみてもいいかもしれません。

Page Top